徒然離婚日記・・・。

アクセスカウンタ

zoom RSS 父の死・・・@

<<   作成日時 : 2011/12/12 18:48   >>

トラックバック 0 / コメント 10

今年もあと数十日で終わってしまいますね。

今年は私にとって激動の一年でした・・・。

変化があったらブログに書けば良いのに・・・と思われるかもしれませんが

なかなか、文章に、文字にする気力がありませんでした。

昨年の暮れ、病気療養で入院していた父が危篤となり

呼び戻されはしましたが、そこはなんとか持ち直し新しい年を迎え、暖かい春が訪れ父に自宅へ一時でも

戻って貰えたらと願いながら・・・

今年の2月、順番は逆ですが長女が結婚式を挙げました。

父が亡くなっていたら、この式も上げることはできなかっただろうと思って喜んでいました。・・・が、

厳しい試練は続くものですね・・・。

3月の大災害は私にも大きな悲しみをもたらしました。。。

私の実家は福島県です。

津波の影響は実家には有りませんでした。

地震発生直後に、一瞬だけ母と電話が繋がり無事を確認出来てはいたのですが、

その後の余震での影響や、父が入院している病院の様子などは全くわからず、

電話も全く通じないまま、得られる情報はTVやネットなどからの間接的、大まか、そして不確かなものばかり。

そうこうしているうちに、原発の事故が起こりました。

実家は、原発からは20Km圏外(30Km圏内ではあるのですが)、さほど影響は受けないのかな?などと思っていたところに

やっと繋がった母からの電話。

母:「お父さん、遠くの病院に避難移動するんだって。おかあさんが自分では行けないような遠い所なんだって。どうしよう・・・。すぐに、出発するらしくて、今から会いにもいけないんだって。」

か細く、不安げな母の声。

原発の影響で、医師、看護師、ヘルパーさんなどの避難が相次ぎ、病院の機能が麻痺してしまっていました。

どうしようも、こうしようも、父は酸素吸入しなくては生きていけない状態だったので、病院が機能しないのであれば、転院するしかすべはありませんでした。


私:「とにかく、病院にお任せするしか無いから、おかあさんは後から親せきの人に連れて行ってもらおうね。」

そうなだめるのが精一杯の私。
でも心の底では『ガソリンが無いんで、これはひょっとしたら当分会えなくなるかも』と思っていたのです。




仕事を終えて帰ると、仕事中で出られなかった私の携帯電話に、従兄からの留守電が入っているのに気が付きました。

嫌な予感・・・。

再生してみると、噛み砕くようにゆっくりとした口調で従兄のメッセージが入っていました。

留守電:「もしもし?落ち着いて聞いてください。あなたのお父さんが21時○○分、移動の途中の川俣辺りで亡くなりました。至急、おかあさんに連絡してください。」

母の電話が夕方の6時ごろ。それからいくらも経っていませんでした。


去年の暮、一旦は覚悟した父との別れでした。
持ち直した父と別れる時、これが最後かもしれないと覚悟もしていたつもりでした。
遠いので、次の様態悪化の時には間に合わないだろうとも思っていました。

けれども、こんな形で父との別れが来るとは予想もできませんでした。



・・・ここまで何とか書きましたが、ここまでで今回は終わらせてください。。。乱文にて申し訳ありません。






この日記・・・震災の被害に遭われた方々で読んで不快になられたかたがおいででしたら、申し訳ありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お詫びです。

スパムメール削除作業中、謝って皆さんにいただいた、せっかくのコメントを削除してしまうと言う、許され難い失敗をしてしまいました。
ブラウザの戻るボタンで、なんとか皆様のコメントにたどり着くことができましたので、
コピーしたうえで、ここに戻させていただきます。
不自然な日付となりますが、お許しください。
管理人です・・・・。
2012/09/16 00:43
2011/12/14 07:47
なんだか気になって 覗いたら・・・・。 お父様残念です。 御病気とは言え このようなお別れになられたとは 御愁傷様です。 私も去年の暮 父を病気で亡くしました。 もうすぐ一周忌が来ます。 母も 身体が弱いので 長女の私が ついてます。 気の利いた事が書けませんが お気持ちは分かります とは言え 震災を経験された方は もっともっとお辛い思いをされておられますから・・。 風邪などひかれないように お気を付け下さい。 長女さん おめでとうございます。
ミミックさん
2012/09/16 00:48
2011/12/18 18:21
ニュースにもなったヤツですね。 同類の話で、自衛隊が到着したら病院関係者が全エスケープしてたなんてのがありましたが、真実は来ない救援要請のために奔走して空になってたんですってね。 きっと父上も、なすすべのない野戦病院の担架の上での熱い友情に満たされながら最期を迎えたんじゃないでしょうか。 ご愁傷様です。。。
南行さん
URL
2012/09/16 00:50
2011/12/29 06:38
拝啓、管理人さんお久しぶりでございます。 この度は、ご愁傷様です。 私の若き畏友も愛するお母さんが亡くなった時には、太陽ひまわりの化身みたい明るいナイスガイですが、6キロも痩せ縮んでしまいました。 お身体を大切に、疲れを感じる前に休んで下さい。 食事 睡眠 アリナミンです。 寒さ益々深まる中、何卒ご自愛下さい。 犯罪も日本全域に増えていますご用心下さい。 m(_ _)m僭越乍乱文にて 敬具
(^o^)風顛老人爺 さん
2012/09/16 00:52
2011/12/29 23:36
ホワイトさん、なんとなく気になり日記を見てみると更新されておりビックリしましたゥいろいろ大変な事があったんですね翼zワイトさん頑張ってください嘯ィ元気にされているようで何よりですァ今年最後のいい事が起こった気分です。
ぜんさん
2012/09/16 00:53
2012/1/3 11:07
色々 コメント考えたけど  「お嬢の、おかえりを 気長に 待ってまっせ〜 」
愚者さん
2012/09/16 00:54
2012/1/4 23:01
年も明けてしまいました。 私もニュースを覚えております。父上の御冥福をお祈りいたします。医療に関わる者としても心が痛みました。まだまだ辛い日々が続くと思いますが、お体には十分にお気を付けてくださいませ。
もったどさん
URL
2012/09/16 00:55
2012/2/3 22:02
久しぶりです. たいへんな事がたくさんあったんですね! 無理しない様に!
kzuo00さん
2012/09/16 00:56
2012/4/9 00:10
拝啓、管理人さんその後如何お過ごしですか。 今年は、天候がおかしいので体調を崩し勝ちであります。 管理人さん自身が 元気でいてこその、親孝行 孫孝行であります。 何卒、御自愛下さい。 m(_ _)m 僭越乍乱文にて 敬具
(^o^)風顛老人爺さん
2012/09/16 00:56
2012/1/16 12:56
みなさま、お久しぶりでございます。 暖かいコメント、ありがとうございます。 まとめてのお返事で失礼とは思いますが、 ここにお越し頂いた事を嬉しく思い感謝いたします。 想うことは沢山あるのですけれど・・・ それを文字にしようとすると、どうしても前に進みません。 それでも、書いていけることから・・・と思っています。 気が向いたら覗きにきてやってくださいませ。
管理人です・・・。
2012/09/16 00:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
父の死・・・@ 徒然離婚日記・・・。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる